してきなにっき

私的でたまに詩的です。素敵になりたいです。

しゃぶしゃぶと冷戦

八畳くらいのリビングに大きなテーブルが占拠し、
その上に大きな鍋がひとつ、昆布を揺らしながら静かに旨味を溶かしている。
居なれた祖母の家、大量の肉、母、妹、祖母。
今日はどうやらしゃぶしゃぶらしい。

鍋の前で妹と久々に口喧嘩をする。
彼女は常に上から目線で(目線が高いのは、学が高いからだろうか)
初めは一方的に詰ってきた、気がする。
普段は大人しい僕も、思わず反論する。
そんな時は母はいつも曖昧に笑う。
僕が疲れて、トイレにたったときまで、
妹の猛攻は続く、それに言い返す。
リビングに戻り、床に座る。
野菜を持ってきた心配顔の祖母に、
母が柔らかに戦況を報告する。
「にいちゃんがまた文句を言ったのよ~」

僕は物心ついた頃、妹と母に
「にいちゃん」とよんでくれと言ったらしい。
思えば初めての責任感の発露かもしれない。

妹に兄らしくしたことなんてない気がするけれど。
それどころか彼女が僕を反面教師にして、
優秀な大学へ入ったりしている。
そんなこともあって、僕に対して彼女は、
上から目線なのかもしれれない。

しかし今回は僕から宣戦布告したわけではなく、
彼女からしかけてきたのだ。真珠湾攻撃のように。

中立国である母から背後から打たれた僕は、
もう居てもたっても居られなくなり、
「なんやねん、もうええわ!」と、
全力で謎の関西弁を駆使し、怒号を撃ち放った。
そして主戦場である鍋の前から撤退し、
強い足取りで階段を上り、寝室に籠城する。
家族三人で、布団で川の字で雑魚寝をする寝室だ。

珍しく非の打ち所がないくらい僕が被害者だった。
煙草を付けながら自宅から持ってきた、
改造したWiiで64のゲームをする。
この辺でふとおかしいなと思う。

今住んでいるのは東京のはずだ。
僕は改造したWiiなんて持っては居ない。
それでもイライラしているので矛盾を無視して
星のカービィ64をやる。ミニゲームだ。

従兄弟が部屋に入ってくる。一緒にゲームをする。どうやら叔父一家も居るらしい。
「あれ、しゃぶしゃぶできてるんじゃないの?」
と買い物の荷物をまとめた叔父が言う。
「下行くぞ」と仲間に入れるような優しさで続ける
しぶしぶ叔父と従兄弟と下へ行く。冷戦の覚悟。

座ると同時に妹が号泣している。謎だ。
でも構わない。俺はしゃぶしゃぶを食うのだ。
ひたすら無言で箸を進める。
肉をとってはしゃぶしゃぶする。
しゃぶしゃぶしては祖母特製のつゆにつけ口へ運ぶ
旨い。有無を言わさずに旨い。機嫌が悪くとも。
妹が泣きながら謝ってくる。肩を揺すってくる。
「兄ちゃんごめん~」と言葉にならない言葉で。
でも僕はしゃぶしゃぶをしに来たのだ。
停戦協定をしに来たんじゃない。
無視して肉を食べ続けた。
満腹になったところで夢から覚めた。
よだれを滴ながら目が覚めた。最悪だ。

あの夢はなんだったのか、どういう真相心理なのか
よくわからない。何を示唆しているんだろうか。
あそこは旭川で、ここは浅草だ。

お腹なんて一ミリも減っていなかった。
むしろ胃が荒れてるのか食欲がない。

でもなぜか無性にしゃぶしゃぶが食べたい。
一家で食卓を囲みたい。

妙に鮮明な夢で気になったので、
忘れないうちにここに投下しておく。
自分が何を求めているのかわかるかもしれない。

風呂敷を広げること、もしくは選んでいくこと

思えば選択の少ない人生だった気がする。

旭川で生まれ、親の転勤で道内を転々とし、
小学校から中学校までは札幌でぼけーっと生きて、勉強も好きじゃなかったので、入れる高校に入り、限りなくグレーに近い薄い水色の青春を、
色なんか無いみたいに過ごした。

唯一方向性だけ選んだのは大学。
基本的にやりたいこと全部やって
ウェイだけしてたそんな気がする。

そんな風に生きてきたから
ふわふわとどっち付かずに、
今のところはグレーゾーン。
なんていって生きてきたんだけれど。

社会人になっても方向性だけ選んだつもりだけど
結構ずれてきてしまってる今。

地元の友達は北海道に帰ってこいと言ってくれてる
確かに今東京でやりたいことも特にない。
でも札幌でもそれは一緒なんだろうな。

風呂敷を広げて、
そこから選んでいきたかったのに。
広げたらその上には何もなかったってオチ。

求められるだけはやりきれないなぁ。
自分の人生に自分が何を求めているのか。
いまだにわからなくて困っている。


それでも何か探して選んでいかなくちゃ。
もしくは今からでも拾っていかなくちゃ。

消費されたくない。

学生と社会人の違いは何かと聞かれたとき、
「社会に何らかの価値を与えているかどうか」
とか今なら答える。気がする。

社会人二年目も半ばに入り、
やっと出向先でも一年がたった。

当たり前なんだろうが、これまでより、
周りからの要求レベルがあがっていく。
なぁなぁな学生のコミュニケーションではなく。

毎日全速力でハードルを飛んでる気分。
小さいのから大きいのからくぐるのまで。
息継ぎできるのは週末だけ。

それが社会、資本主義とか思う。
それはそれでしょうがないと思う。
嫌なら社長とか資本家にでもなるしかない。
生憎、そこまでのビジョンはない。

社会人生活で消費されるのはまだ理解できるし、
消費されないように人格・知識を形成しなくては
とかそんなことを最近考えている。

でもなんだか最近は
私生活で消費されるのに納得出来ないんだ。
心や器が小さくなってしまった気がしないでもない
きっと違うんだろうけど。

ただ単純に仕事で求められすぎて、
私生活に精神的なリソースが足りないんだろう。
金も愛情も何もかも、沢山あるところに
集まる気がする。自分の分がなくなってしまう。

求め合うより、与えあう、
若しくは、あるものを共有するとか、
そんな理想を掲げたりして生きていきたい。
資本主義ではない回路で、私生活くらい、ね。

消費されたくない。消耗したくない。
そのカウンターを今考えているところ。

セロトニンと赤道

見えないものを見ようとして、
望遠鏡を覗きこんだら24年間目が離れない男。

どーも僕です。
見えないものは見えないです。
見たくないものばかり目にうつります。

久しぶりなんだけどさ、
サボってるとかじゃなくて、
普通に働いて生きてると書くことないのね。
もっと休日も外に出て、人と話さなきゃなぁ。

あと単純に感性が鈍くなっている。
本当はそれが何より怖い。

そんな事より、
最近の日本は地震とか台風とか、
政治とか色々やばいなって思っているので、
いっそ赤道を越えて夏の国に行きたいナァとか
最近思ってる。旅行レベルだけどさ。

メキシコとか。いいじゃんタコスとテキーラ
今夏なのか、赤道越えてんのか、知らんけど。

ワシ地理嫌いやねん。
あんなんエロマンガ島のとこしか盛り上がらん。

あと嫌いなもんと言えばこの時期ね。
秋と冬は暗くなるの早いし、
明るくなるの遅いし本当に嫌い。寒いし。

小さな頃は平気だったんだけど、
なんなんだろうね。

現代っ子なので「秋 冬 ダルい」で
馬鹿正直に調べたら「季節性うつ」とか出て来て
普通に凹む。その検索結果が拍車かけてるわ。

セロトニンって日光から作られる成分が
体の中で不足するらしくて、かくかくしかじか
うつになりやすくなるんだってさ。 知らんよ。

ワシ、保健も嫌いやねん。
あんなん性器の仕組みのとこしか盛り上がらん。
ま、避妊は大切だけどな。

最近発言がおっさん染みてきて辛いよ僕は。

そんなこともどうでもよくて、
別にメンヘラアピールしてるわけでもなくて、
近々海外旅行いってやるからな!!!って話でした

終わり。目指すはジャカルタ
カーモンベイビーじゃかるた。

あいみょんを伝えたいだとか。

どうもお久しぶりです。

僕です。

 

生きてます。
いきていたんだよな。

 

あいみょんとの初めての馴れ初めは、

今どきっぽく、ちょっと気になっている

バイト先の後輩のLINEミュージックが

「愛をつたえたいんだとか」

だったので聞いてみたんだとか。

 

最初は

「どうせ流行りのJKむけアーチストだろう」

「西野カナのお洒落れバージョンだろう」

と思っていたんだけれど、どうやら違った。

 


あいみょん - 愛を伝えたいだとか 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

愛を伝えたいだとか
臭いことばっか考えて待ってても
だんだんソファに沈んでいくだけ
僕が明日いい男になるわけでもないからさ
焦らずにいるよ

 「なんでこんなダメ男の心情がわかるんだ、怖い!」

結局のところ君はさ
どうしたいの?
まじで僕に愛される気あんの?
雫が落ちてる
窓際目の際お気に入りの花

とりあえず今日は

「可愛い女の子が、俺のことをなぜか知ってる、恐い!」

って感じでしたね。

 

男が聞いて共感するならわかるんですが、

女の子が聞くとなると、どういう気持ちで聞くんでしょうか。

「あ~いるいる!こんなダメ男~」

って感じで男性をカテゴライズしてポップに楽しむんでしょうかね?

 

それにしても最近の僕程度にも

しっかり刺さる歌詞をこの年で書いてるって怪物ですね。

 

とりあえず今日は

あいみょんへの愛を伝えてみたんだとか。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、グレーゾーン(いまのところは)

白黒つけるのが嫌いだ。

はっきりしたがる人が苦手だ。

絶対なんてない。
世の中にそんなにはっきりできる物事は多くないんじゃないか。
だからすべての発言の語尾に(今のところは)と付けたくなる。

 

 

一度言葉にしたことを、他人はいつまでも覚えていて。

「あの時ああやって言ってたじゃん、あれは嘘なの?」

とか平気で5年前の発言を蒸し返してきたりする。

 

そういう人に限ってすぐに手のひらを反したり、
ゴマばかりすっていたりする。(ような気がするし、僕のことかもしれない)

 

 

常識的に考えて、とか

皆そう思ってる、とか

普通ならば絶対、とか

そんなことを平気で言う人がいる。

押し付けてくる人がいる。

 

今話題の主語が大きいってやつ?全部主語はお前だろ。

 

情報の多様化によって、価値観も多様化していったように。

誰かが黒だといっても、他の誰かには白にしか見えないことだってある。

 

もちろん個人的、公的に黒なら黒だと思うっていうけれど、

それは時と場合による(この言葉、便利すぎるとは思うけれど)

 

だから僕はグレーゾーンに逃げる。

とりあえず、いまのところはそれでいいんじゃないかって思う。

 

 

 

 

 

 

 

好きだ、

った。

宮崎あおいが。

 

もちろん所謂マジ恋とか、ドルオタとかの

本気の愛情とか、そういうんじゃないけど。

 

作品も一通りみたけどあんまり覚えてない。

ソラニンが一番好きだ。あと少年メリケンサックもよく見た。純愛系のは忘れた。

 

ただ単純に宮崎あおいっていう「概念」が

雰囲気が好きだったんだと思う。

 

 

好きになった理由も単純で、友達に

「オマエの彼女宮崎あおいに似てね?」

って言われたのをきっかけに好きになった。

それも中学生の頃、初恋の彼女だ。

 

 

だからまぁこの度宮崎あおい

いや、宮崎あおいさんが妊娠したときいて

微妙な気持ちになった。あおいロスだ。

 

それこそ岡田さんサイドのファンの方の

中には結婚しただけで准一ロスになる等、

ショックを受けた方が大勢いると思う。

(インパクトのある発覚だったから)

 

でも僕は違った。准一ならやれる。

岡ちゃんなら許す。あおいを頼んだと、

俺の代わりに幸せにしてやってくれと、

そう大きく胸を張って思ったりしていた。

 

まぁ全然、岡田君のこと、知らんけど。

 

でも今回あおいさんが妊娠したと知って

なぜこんなにも、微妙な気持ちになるんだろ

男と女の反応の違いなのかしら。

 

それは多分思い出の象徴みたいなものなんだろう。男はデスクトップ保存。

そのコピーの有効期限が切れてしまった。

 

このニュースによって、

僕のギリギリ数えられる青春のうちの

一番大事な象徴が消えてしまった。

 

それが大人になるってことなのかもしれない。

 

ひとまずこのあおいロスを受け止めながら、

会うことが出来ない象徴ではなく、

ジャカルタで頑張ってる初恋の人にでも、

久しぶりに会いに行こうかと画策してみる。

 

あと、二階堂ふみも好きなんだけど

最近出てこないよね。ふみロスだよ。